2017年6月30日金曜日

iPhoneを紛失してから遠くの民家で発見するまでの顛末


★2017年6月25日(日) 14:45頃

JR奥洞海駅のホームでこの自撮りをInstagramに投稿した直後、電車の中で私の膝に座っているYuiがモゾモゾしだしたので、とっさにiPhoneを右手で自分の座席面に置いて、そのまま置いたことを忘れてJR折尾駅で子ども二人を連れて、鹿児島本線に乗り換えてしまった私。それに気づいたのは、そこからJR黒崎駅で降りてタクシーに乗って、私の母の家に着いて荷物を下ろして一息ついた時。

あれ?いつもiPhoneここ(リュックのポケット)に入れてるのにないよ?
また変なところに入れたかな、探してみよう。
と、リュックの中にある物を全部ひっくり返してゴソゴソ、それを2回繰り返してから「ああ、どこかに置いてきちゃったんだな」と気づく。
この数日の間に、もう二度目だ。普段から忘れ物は多いし、財布を何度もショッピングモールやレストランの座席に忘れて、翌日にどなたかが届けてくれたそれを受け取りに行ったことは何度もある。数日前はーー夜にiPhoneがないことに気付いて夫にGPSで位置確認をしてもらったら、某ファストフード店にあるっぽい。その時もInstagram投稿を終えて直後に右手で自分の背後の座席面に置いてそのまま忘れてしまった。

6月8日(木)の朝、それまでジワジワと来ていた私のうつ病(鬱状態?正式に診断されてないけど、抗うつ薬を処方されたので、そんな感じ)が発症した。というか、いよいよ悪化したという感じなのかな。
いつもどおりYuiを保育園に送り、保育士さんたちを何気ない会話を……あれ?保育士さんと目を合わすのがなんか怖い、会話できない(汗)……。ひとまずYuiは保育園に登園した。帰りに汐入の里(農産物直売所)で買い物をしようと車を止めて……あれ?車から降りるのが怖い。人の声がする、怖い。ひとまず運転席の足元にうずくまって誰からも見えないように姿を隠して、心が落ち着くのを待ったけど、自分が買い物をするのを想像してレジの人と何気ない会話をする場面でレジの人の目がものすごく脳裏に迫ってきて怖くて泣いてしまう……。1時間くらいそこで泣きながらうずくまってから、泣きながら車を運転して家に帰り、夫に泣きながらシドロモドロの説明をして、とにかく車の走る音も何もかも「人」を感じる物音が怖くて耳を塞いで2階(1階が店で2階が自宅)のソファに丸くなって泣いた。

その翌日からお薬を飲みはじめて、頭がボーっとして物忘れがひどくなった。鬱の症状の一つにも「物忘れ」があるので、薬の副作用なのか鬱のせいなのか分からないけど。私は元々から物忘れが多くて先述したみたいな財布置き忘れもあるけど、それにしたって最近は酷すぎるのだ。眠気も尋常じゃないので居眠り運転までしてしまったし(なので最近、薬の副作用もあるし、運転していません)そして、頭がボーっとするので、iPhoneを電車に置き忘れてしまったという危機感も全然湧かなくて、淡々と夫の携帯の留守電に「iPhoneを失くしてしまったのでGPSで位置確認をお願いします」とメッセージを残した。

★2017年6月25日(日) 17:00頃

1時間ちょっとくらいした頃、夫から母の家に電話。
「なんか、直方辺りにあるみたいだよ」と。それも、直方の電車駅にあるのではなくて、どうも住宅が並んだ集落の辺りにあるみたい。私が乗っていたのは若松から直方に向かう電車だったので、乗客の誰かが私のiPhoneを見つけてそのまま持ち帰ってしまったんだろう、と。
※ 若松とは、北九州市若松区にあるJRの始発駅。
※※直方とは、福岡県直方市のこと。若松から電車でも車でも45分くらいの距離。
駅に届けずに持ち帰ったということは、拾ったのは悪い中高生か誰かで、イタズラするか転売するか何か悪い目的で拾ったのだろうから、届ける気はないだろうね。もう諦めるしかないよ、と夫と母は私に言う。私も頭が働かないなりに、そうなのかな、諦めるしかないのかな、と納得して、iPhoneの機能制限や家にある古いiPhoneを携帯ショップに持って行ってSIMを再発行してもらうこととかを夫に説明してもらいながら考えてた。
あーあ、少なく見積もっても3万円くらいはかかってしまうよ。私、うつで家事も仕事もほとんどできなくてお金かかってるのに、その上の出費だよ……と自己嫌悪や凹みながらも、やっぱり頭がボーっとしてるからあんまり反省というか悪いという気持ちが持てない。でも客観的に見てすごく迷惑なことしちゃったことは分かるから、夫にすごく謝った。一生懸命働いて稼いでくれたお金をこんなことに使ってしまう。。。

そう、これが私のiPhone. iPhone4の頃からミッフィーのケースを愛用してる↓


★2017年6月26日(月) 朝

子供たちを送り出した後、ちょうと店も定休日。「iPhoneの位置はGPSで分かってるんだから、現地に行って片っぱしからピンポン!って押して回ったらいけんのかな?」と夫に行ってみた。Google Mapで見る限り、集合住宅もなく一軒家が並んでいるのんびりした住宅街。探すのはそんなに大変そうでもない。夫が連れてってくれると言うので、GO!
GPSによると、どうも老人ホームかデイサービスの施設の駐車場あたりにあるっぽい。夫のiPhoneから遠隔操作で機能制限をしてあるし、イタズラにも飽きた拾主が捨てたんかな?なんて思いながら、現地に到着。
夫のiPhoneに入れてある "iPhoneを探す”の機能を使って、私のiPhoneから音を鳴らしてみる。これ、けっこう大きな音が鳴ります。すると、近くの民家から音がする!
私はドキドキドキドキしてたけど、夫はすかさず民家のチャイムを押す。。。すると、かなりご高齢と見える女性が出てきて「なーーんかコンコン音がするねぇと思ったら、これかね?」と、私のオレンジ色のミッフィーのケース入りのiPhoneを持って出てきた!!

私たちの事情を説明した上で、女性の話を聞くことには、ご主人が昨日電車に乗ったところ尻の下にこれが置いてあった、と。「どうしたもんか?駅に届けるかどうか?」と思ったけど、耳が遠くて駅員さんと話すのも困難なので、ひとまず家に持ち帰ったんだそうな。女性の方も、駅に届けようかとも考えたけど足が悪くて駅までなかなか歩いて行けない。「今晩あたり、娘にでも相談してみようかねーっち思いよったんよ」とのこと。

あーーーーーーーーーーーーよかった。
悪い人に拾われたんじゃなかったんだ。私、世の中には悪い人なんていないと信じてる性善説派なんだけど、昨日母から「世の中半分くらいは悪人よ」と言われて、そうなのかな……と思いかけてた。でも、世の中みんなそんな悪い人じゃない。私がただ単にラッキーなのかもしれない。でもね、私がみんな良い人で何か事情があって環境のせいで少し歪んでしまっただけなのよ……と信じてるおかげも、少しはあるんじゃないかと。

とにかく、そんな顛末で、無事にiPhoneは私の手元に戻って来たのでした。
JR奥洞海駅からJR筑前植木駅までの長い旅。よい人に拾われて、本当に良かった(*^^*)



★NMphotography. + nicola
>> http://choconeko.com
open 10:00 - 19:00 (cafeは水.木のみ11:00 - 17:00)
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
★chie’s Instagram >> http://www.instagram.com/chie_nicola/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿